ベジブロス(野菜ダシ)のシチュー

ベジブロスは身近な野菜の皮などから作る野菜ダシです
Pocket

ベジブロスとは野菜の皮やヘタなど、普段捨ててしまうような野菜クズを使った野菜ダシのことです。

例えば、ブロッコリーの煮汁は、コンソメとスライス玉ねぎで美味しい洋風スープになります。

ブロッコリーの出汁もベジブロス
フリー素材ドットコム

ベジブロスは美味かつごみ削減

ベジブロスに目を向けたキッカケは、ベランダコンポストの処理能力が高くないので、投入量の削減または処理時間の短縮化ができないかと考えたことです。

つまり、煮てフニフニにした野菜クズなら投入量も減るし、分解時間も短縮出来るのではないか、ということです。

というわけで、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎなど、いわゆるカレーやシチューで使うような野菜で野菜ダシを取って、これでシチューを作りましょう。

ニンジンやジャガイモなど普段使う野菜から出てくる皮などを使って野菜ダシのベジブロスを作る
玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモの皮でベジブロス(野菜クズのダシ)を作る

野菜の皮でベジブロス

以前、お茶の種類について調査していたところ、玉ねぎの皮茶がありました。

思い返せば玉ねぎの皮も貴重な食材でした。

ちょっとした料理で手のひら一杯分の野菜クズが出るので、ベジブロス化して有効利用したい
普段はすぐにベランダコンポストに放り込んでしまう野菜クズを使って野菜ダシを取る

今回、冷蔵庫の野菜室をゴソゴソ漁って見たところ、ネギの青い部分もありました。

ついでなので、これも入れてしまいます。

鍋に水を入れ、酒を大さじ1、後は30分程度煮込むだけ。

ニンジンやジャガイモ、玉ねぎの皮を煮込むだけで美味しい野菜ダシの出来上がり
玉ねぎなんて、芽が出てきてたので、急いで使う必要があった
野菜の皮を30分程度煮込むと野菜の旨みがスープに溶けだします

玉ねぎの皮から煮汁が出てきているようです。

これを網でざっと濾したら完成です。

煮た野菜クズを網で取り除けばベジブロス(野菜ダシ)の完成
野菜クズで作った野菜ダシ(ベジブロス)

ベジブロスで美味しシチュー

ベジブロスを作っている間に、シチューの具材を適当に炒めておきます。

もちろん、シチューの具材はベジブロス(野菜ダシ)で使った野菜クズの本体ですね。

この時点では、ホワイトシチューにするか、ビーフシチューにするか決めていなくて大丈夫です。

ベジブロスの色合いをみると、琥珀色でしたので、ビーフシチュー系が良さそう。

しかし、冷蔵庫には豚バラ肉しかなかったので、ポークシチューになりました。

ベジブロス(野菜ダシ)を使った美味しいシチューの作り方
ビーフの常備在庫が無いためポークシチュー

ベジブロスのスープを入れて、適当にシチューの素を入れて味を調整したら完成です。

どうです?普段のシチューよりおいしく仕上がっているはずです。

炒めた肉や野菜にベジブロス(野菜ダシ)を入れて、煮込む

野菜クズは徹底利用のためベランダコンポストへ

今回はベランダコンポストへ投入される野菜の量を減らしたい、分解時間を早めたいということでした。

そこで、野菜クズを煮込んでダシを取り、その出涸らしをベランダコンポストで堆肥化しました。

出涸らしの野菜クズはベランダコンポストに入れて堆肥として再利用したい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。