謎のコッペパン屋「パンの田島」がJR阿佐ヶ谷駅にオープンしてた!



Pocket

「パンの田島」というコッペパン専門店をご存知でしょうか。首都圏を中心に10店舗程度を展開しているコッペパン屋さんなのですが、何が「謎のコッペパン屋」かというと、ネット上のどこを探しても会社情報が載っていないのです!

コッペパンとは何ぞ!?

学校給食のスターであったコッペパン。最近は給食ブームやコッペパンブームが叫ばれていますが、コッペパンについて、しっかり向き合ったことはありますか?コッペパンの生みの親は、明治時代の田辺玄平氏(甲府市出身)であると言われています。アメリカに渡った玄平氏は、パン作りの技術を習得し、日本に戻ってパン屋を開きました。その後、技術指導を受けた職人が日本各地に広がり、コッペパンの普及につながったとされています。(参考:全日本丸十パン商工業協同組合

現在のコッペパンといえば、プレーンをベースに、ジャム&マーガリン、ピーナッツクリーム、小倉アンコ&マーガリン、焼きそばなど、かなりバリエーションが豊富です。給食で一番人気だった揚げパンも、コッペパンベースですね。あのフワフワの食感は、日本独自のものだからこそ、私たちはコッペパンに夢中なのでしょう。(フランスパンは美味しいけど、硬くて時々口の中が傷だらけになる)

パンの田島

パンの田島は今のところ、以下の店舗があるようです。ひょっとしたら、このほかにも店舗があるかもしれませんが、公式HPがないのでよく分かりません。

  1. パンの田島 吉祥寺店
  2. パンの田島 川口店
  3. パンの田島 自由が丘店
  4. パンの田島 綱島店
  5. パンの田島 笹塚店
  6. パンの田島 阿佐ヶ谷店
  7. パンの田島 学芸大学駅前店
  8. パンの田島 武蔵小山店
  9. パンの田島 下北沢店
  10. パンの田島 アリオ川口店

パンの田島の店構えはとてもキャッチーですので、人通りの多い場所に出店されれば、必ず目を引きます。すこーしだけ、古臭い雰囲気を演出しています。阿佐ヶ谷店はオープンしてから数か月?経過しているのでしょうが、午後になると店の前にはすっかり行列ができます。

パンの田島 阿佐ヶ谷店のファサード
パンの田島 阿佐ヶ谷店のファサード
パンの田島の店頭には、バリエーション豊かなコッペパンが並び、人目をひきつける。
パンの田島の店頭には、バリエーション豊かなコッペパンが並び、人目をひきつける。

阿佐ヶ谷店では、特に内装にお金をかけているように見えます。入り口すぐにレジとディスプレーがありますが、その奥には店内で焼き上げていると思われるオーブン等があり、レジで2名、製造に2~3名体制のようです。これは、大手パン屋の路面店と同じ程度の規模感ですが、この2階には、雰囲気のよいイートインスペースもあります。

パンの田島阿佐ヶ谷店は、商店街内の古い店舗を改装しているため、2階のイートインスペースは柱や梁が丸見えの古民家風でもあります。

パンの田島の内装は、昭和テイストの学校っぽさがある。
パンの田島の内装は、昭和テイストの学校っぽさがある。
パンの田島には、コッペパンの他、ピロシキや半熟卵ビーフシチューパン、とうもろこしの焦がし醤油パンなど魅力的なパンがたくさん並んでいる。
パンの田島には、コッペパンの他、ピロシキや半熟卵ビーフシチューパン、とうもろこしの焦がし醤油パンなど魅力的なパンがたくさん並んでいる。

パンの田島のメニューは豊富です。店内に掲載されているパンだけでも34種類!もあり、大きくは「総菜コッペパン」、「甘いコッペパン」、「揚げたてパン」のカテゴリーに分かれています。そしてお値段は、スーパースタンダードな揚げコッペシュガー140円を始め、200円台を中心に、450円まで幅広い品ぞろえとなっており、1、2回来たくらいでは、パンの田島を語ることができないくらいです。

  • 惣菜コッペパン…ハムたまご(¥300)、たまご(¥250)、ハムレタス(¥300)、ツナポテト(¥300)、肉じゃがコロッケ(¥300)、やきそば(¥300)、コンビーフポテト(¥350)、ダブルホットドッグ(¥350)、厚切りハムカツ(¥350)、からあげタルタルソース(¥350)、ナポリタンドッグ(¥350)、チーズちくわ(¥350)、海老カツたまご(¥350)、チキンカツ(¥350)、厚切りとんかつ(¥450)
  • 甘いコッペパン…いちごジャムマーガリン(¥200)、つぶあんマーガリン(¥200)、ピーナッツマーガリン(¥220)、練乳ミルク(¥200)、カスタードホイップ(¥220)、黒豆きなこクリーム(¥220)、ラムレーズン練乳クリーム(¥240)、いちごジャム練乳クリーム(¥240)、生チョコクリームチョコチップ(¥240)、生キャラメルチョコチップ(¥240)、つぶあん宇治抹茶クリーム(¥240)、つぶあん黒豆きなこクリーム(¥240)
  • 揚げたてパン…ビーフカレー(¥220)、半熟卵ビーフシチュー(¥220)、カニクリーム(¥220)、揚げコッペきなこ(¥150)、揚げコッペシュガー(¥140)、ピロシキ(¥220)

謎のコッペパン屋 パンの田島の正体が明らかに!?

パンの田島のコーヒーは、ドトールによってプロデュースされていると、レジ前に記載がありました。たしかに、いつも飲んでいるドトールに近い味です。そもそも、このような設備を独立系パン屋ができるわけもなく・・・。

勘のよい方はすぐに気づくかもしれません。実はこのお店、ドトール傘下です。お店のファサードにもドトールのコーヒーロゴがあったの、気づきましたか?

正確には、「ドトール・日レスホールディングス」傘下の「サンメリー」(埼玉県坂戸)が運営しているそうです。関係ない視点で突っ込みますが、サンメリーさんのウェブサイトもなかなか強気な感じです。※サンメリーの工場は、埼玉県坂戸にあります。坂戸の優良企業といえば、もう一つ「ぎょうざの満州」もあります。実は坂戸って、おいしい!町なのかもしれません。

パンの田島のコーヒーは、ドトールによるプロデュース。
パンの田島のコーヒーは、ドトールによるプロデュース。

最近のドトールのライバルといえば、「コメダ珈琲店」がありますが、こちらでもコッペパン専門店「コメダ謹製 やわらかシロコッペ」でウハウハのようです。

我々の知らないところで、大手によるコッペパン戦争が始まっていたのですね。さて、いずれは「俺のコッペパン!」となる日も来るのでしょうか。