急に自宅でハンバーガーが食べたくなったときのレシピ



Pocket

急に自宅で、無性にハンバーガーが食べたくなることってあるますよね。
ところが、近所にハンバーガー屋さんはないし、美味しいハンバーガーは1,000円くらいするし・・・。
それなら、近所のスーパーでチャチャッと作りましょう。

ハンバーガーの美味さを決めるものとは!?

ハンバーガーの神髄はパティ(肉)とパンズに集約されます。
特に、肉はハンバーガーの心臓部でもありますので、ここに適当な肉を使うと、ほかのどのような素材を使っても、美味しいハンバーガーはできません。

ハンバーガーの本場アメリカでは、ご近所さんとの庭先BBQでもハンバーガーを焼きます。
この焼き方がポイントでして、蒸気機関車のごとくモクモクと白煙を上げる網の上で、時々炎を巻き上げながら焼くのです。
これにより、パティに炭の味が燻製のごとくしみ込むのです。

とはいえ、お隣さん宅とぴったりとくっついている我が国でお庭BBQをやろうものなら、町内会会長直々に訪問指導され、翌月の回覧板に「庭でBBQをしないこと」と出回ることは目に見えています。

そこで、近所のスーパーで買える材料でハンバーガーを作りましょう。

自宅バーガーのレシピ(3人分)

自宅で簡単!サンドウィッチ風のハンバーガー、サンドバーガーのレシピ!
自宅で簡単!サンドウィッチ風のハンバーガー、サンドバーガーのレシピ!
  • パスコ「超熟」10枚切り…6枚
  • 適当なひき肉…200~300g
  • 塩コショウ…適量
  • レタス…3枚
  • トマト…輪切り3枚
  • チェダーチーズ…3枚
  • ピクルス…適量
  • バター…適量
  • マヨネーズ適量
  • ケチャップまたはサルサソース…適量
  • 粒マスタード…お好みで

近所のスーパーには、牛100%のひき肉、パンズはありませんでしたので、適当な牛豚合挽肉と食パンで代用します。作り方は、わざわざ書くほどのものではありませんが、バターとマヨネーズは、15秒程度、軽く電子レンジで温めてから混ぜると良いでしょう。

バターとマヨネーズを軽く電子レンジで温めてミックスすると、特製マヨバターの出来上がり!
バターとマヨネーズを軽く電子レンジで温めてミックスすると、特製マヨバターの出来上がり!
ハンバーガーの味を左右するパティの焼き方
ハンバーガーの味を左右するパティの焼き方

パティは、塩コショウなど、適当な香辛料と一緒に混ぜ、できるだけ平たくしてフライパンに乗せます。今回使用するパティ代用は食パンですので、この形に合わせて、四角く成型します。焼くと大量の油が出て、縮みますので、結構大きく広げると良いでしょう。

ハンバーガー用パティは、膨らまないようしっかり押さえて焼き上げます。
ハンバーガー用パティは、膨らまないようしっかり押さえて焼き上げます。

ハンバーガー用のパティはハンバーグとは違いますので、肉汁なんて残す必要はありません。ひき肉の油でフライパンがビシャビシャになりますが、肉汁もったいないなど言わず、むしろ余分な脂が抜けてヘルシーバーグ!と思いましょう。
片面を2~3分焼き、ひっくり返したら、上からギューと押さえつけて、一層平たくしましょう。
フワフワに焼き上げるのではなく、カチカチに焼き上げるのがコツです。

自家製サンドバーガーにはレタス、トマト、チーズなどお好きなトッピングで唯一のバーガーを作りましょう!
自家製サンドバーガーにはレタス、トマト、チーズなどお好きなトッピングで唯一のバーガーを作りましょう!

今回、ケチャップとサルサソース両方を用意しました。
ケチャップバーガーは写真の右、サルサソース&粒マスタードは左です。
サルサマスタードはちょっぴり大人の味です。

自家製サンドバーガーの出来上がり!
自家製サンドバーガーの出来上がり!

出来上がったサンドバーガーは見栄えもGOOD!
これならカフェで1,500円で出してもよさそうです。

休日のランチは自家製サンドバーガーで決まりですね!