京都のあられ屋 橘屋



Pocket

先日、京都のお友達から、アラレをいただきました。
せんべい的なアラレだけではなく、マメやベニイモ、レンコンなどが入った、彩り鮮やかなアラレです。

京都は玄琢下のアラレ屋、橘屋紫芳軒
京都は玄琢下のアラレ屋、橘屋紫芳軒

ちょっと調べてみると、京都の「橘屋 紫芳軒」さんのアラレでした。

橘屋 紫芳軒さんでは、各々の素材のもつ本来の美味しさを大切に、製法や調味料にまでこだわった、人の心とからだにやさしい米菓を作っているそうです。
確かに、やさしい感じの味、素材のセレクトです。

戦後間もない昭和21年に「あられの橘屋」として、京都のまん中、四条河原町で創業されました。米菓の専門店として、数多くのあられ・おかきを取り揃え、京都の皆様に支えられてまいりました。現在は京都の北、玄琢下に本店を構えております。
京のイメージカラーを紫と見立てて、あられ・おかき好きのみなさまにとって、いつまでも京都において芳しい存在でありたいという願いから、本店を紫芳軒(しほうけん)と名づけました。

橘屋紫芳軒のあられ・おかきの特徴は、

橘屋のあられ・おかきは炭火手焼をはじめ、職人の手仕事により丹念に焼き上げられたものばかりです。炭火手焼は噛めば噛むほどに炭火焼独特の深い味わいへと変化していきます。また、昔ながらのあられ・おかきはその味わいを守るために、昔ながらの味付けを施しております。近年より販売しておりますものは、時代の流れに沿うべく、素材そのものの本来の美味しさを大切にするために自然調味を心がけております。

この度いただいたものは、「華たちばな」という品名で、国内産のもち米、小麦、馬鈴薯澱粉のほか、寒梅粉(かんばいこ)、エビ、ベニイモ、レンコン、イカ、黒豆、昆布、大豆、シソ、梅肉、ショウガ、ゴマ、アオサなどかなり多様な素材が使われています。

華たちばな
華たちばな

写真のように、とても華やかな見た目ですので、「もらってうれしい、食べておいしい」アラレだと思います。
京都菓子はおしゃれですね。

ところで、寒梅粉は梅の粉ではないそうです。
もち米を水洗い→水漬け→蒸して餅→色がつかないように焼き上げ→粉末状にしたものだそうです。
名称の理由が、寒梅が咲く時節に新米を粉にするところからきたといわれているようです。
関東では「みじん粉」と呼ばれているようですが、知りませんでした。

次回会う際は、こちらもお返しをしなくてはいけませんね。
東京代表銘菓といえば・・・浅草の「常盤堂の江戸銘菓雷おこし」でしょうか。
それとも、柴又帝釈天参道の「柴又門前とらや」の草団子でしょうか。

暖かな春ですし、久しぶりに、浅草、柴又巡りがしたくなりました。

橘屋紫芳軒
〒603-8437
京都府京都市北区大宮開町42-7 斎藤ビル1階~3階