輸入小麦の政府売渡価格はまだまだ上がる!



Pocket

平成30年9月11日、農林水産省より「輸入小麦の政府売渡価格の改定について」のプレスリリースが発表されています。これによりますと、平成30年3月6日に引き続き、5銘柄加重平均(税込価格)で55,560円/トン、2.2%の引上げとなります。

小麦の流通の概要

  • 小麦は需要量の約9割を外国から輸入。
  • 国内産小麦は民間流通により取引されており、国内産小麦では量的 又は質的に満たせない需要分について、政府が国家貿易により外国産小麦を計画的に輸入し、需要者に売り渡しているところ。
  • また、米とは異なり、最終的にパンや麺として消費するため、各種の加工工程を経て流通。
  • 小麦は、主に製粉企業が製粉して小麦粉にし、その小麦粉を原料として二次加工メーカーがパン・麺・菓子等を製造。
小麦の流通の現状(食糧用)
小麦の流通の現状(食糧用)

注:流通量は過去5年(H25~H29年度)の平均数量である。


小麦の種類と用途

  • 原料として使用される小麦の種類は、小麦粉の種類・用途に応じて異なっているところ。
  • 小麦粉の種類は、たんぱく質の量によって、強力粉(パン用)、準強力粉(中華麺用)、中力粉(うどん用)、薄力粉(菓子用)に分類。
小麦の種類と用途
小麦の種類と用途

注1:輸入数量及び国内産小麦流通量は、過去5年(H25~H29年度)の平均数量である。 注2:輸入数量は、5銘柄以外の銘柄(デュラム小麦等)31万トンを含む。 注3:国内産小麦流通量は、集荷団体からの聞き取り数量である。

現行の輸入小麦の政府売渡制度

  • 輸入小麦の政府売渡価格は、輸入価格(過去の一定期間における輸入価格の平均値)に、マークアップ(政府管理経費及び国内産小麦の生産振興対策に充当)を上乗せした価格。
  • 国際相場の変動の影響を緩和するため、価格改定は年2回とするとともに、直近6か月間の平均買付価格をベースに算定
現行の輸入小麦の政府売渡制度
現行の輸入小麦の政府売渡制度

穀物の国際価格(シカゴ相場)の推移