野生化したブラックベリーが豊作なのでジャムでも作る



Pocket

3年前に植木鉢で買ったブラックベリー。鉢植え後、2年間はろくに実をつけることなくシワシワになっていましたが、昨年からやる気を出したようで、植木鉢の横の土に茎を突っ込んだなーと思っていたら、あれよあれよと増殖し、今年はすっかり雑草のように生い茂っています。

そんなブラックベリーですが、6~7月にかけて、実が熟し始めて来ました。
特に手入れはしていませんが、実を放置する理由もなく、昨年に引き続いて今年もジャムでも作ろうと思います。

ブラックベリーの成長 2018年

せっかくですので、今年のブラックベリーの成長を載せておきます。

ブラックベリーは、冬の間は休眠しているので、枝とわずかな葉っぱしか見ることができませんが、春になると突如として目を覚まし、次々と青葉を伸ばしていきます。2018年5月時点では、まだまだ昨年の葉(↓少し濃い緑色)が多く、所々から花が咲き始めています。

野生化したブラックベリー 2018年5月
野生化したブラックベリー 2018年5月

ブラックベリーの花は桜のように薄く、紫かかったピンク色で、ひと房に5~10個くらい咲きます。この一つ一つがブラックベリーの実になっていきます。

野菜化したブラックベリーの花
野菜化したブラックベリーの花
ブラックベリーの実
ブラックベリーの実

ここから、ひと月もすると、徐々に実が赤く色づき始めます。6月頃になると、さらに茎をのばし、成長範囲を広げ、その先でまた花を咲かせます。

梅雨時期には、湿気の影響もあり、白っぽいカビのようなものが生えてきました。葉が込み合ってきていることが原因のようで、風通しを良くするため、葉を切るくらいは面倒をみてやります。

ブラックベリーの成長 2018年6月
ブラックベリーの成長 2018年6月

花が咲き、小さな緑色の実から比べたら、2倍くらいの大きさに成長しました。こちらのひと房は8粒の実がなっています。こんなのが、あちこちに見られます。

花が咲いてひと月ほどで赤くなり始めます。
花が咲いてひと月ほどで赤くなり始めます。

そしてそれから2~3週間程度経ち、梅雨も明けるといよいよ熟しタイムの始まりです。まるでブラックベリー農家のようにたくさん採れます。しかも、時期をずらしながら出来てくるので、ずいぶん長い期間かけて収穫が楽しめます。

7月いっぱいかけて、順次収穫できるのですが、冷やしてそのまま食べたり、ジャムにしたり。正確に測ってはいませんが、コンビニ袋一杯くらいは採れています。

お隣のイギリス出身の方は、「イギリスでも生えていて、よく食べた。懐かしい。」と言っていました。大量収穫ですので、ご自由にお取りください。

7月後半にもなると、カメムシ氏の活躍タイムが始まります。数が多く、捕殺は現実的ではありませんので、ホースでザーと流して様子見です。一部は彼らとシェアしましょう。

ブラックベリーは、実がなったツルは、徐々にかれるようなので、根元から剪定します。収穫した順に剪定していけば、葉が混み合うこともありません。

黒く熟したブラックベリー 2018年7月
黒く熟したブラックベリー 2018年7月

ブラックベリーでジャム作り

ブラックベリーでジャムを作ろうと思うと、ある程度の量を収穫するまで待つ必要がありますが、今年の収穫状況としては、2~3日でボール一杯分のブラックベリーが収穫できました。という訳で、フレッシュ!野生化したブラックベリーでジャム作りのスタートです!

ボール一杯で600gでしたので、これでジャムを作ります。
砂糖は600gの20%、120g程度で良さそうです。
レモンを少量加えると、爽やかな酸っぱさが引き立ちます。

ブラックベリージャム用で600gを収穫!
ブラックベリージャム用で600gを収穫!

適当な鍋にブラックベリーを入れ、砂糖を加えて20~30分程度置いておくと、砂糖とブラックベリーが程よくなじみます。
その後、火を入れます。

鍋にブラックベリーと砂糖を入れ、しばし放置。砂糖となじむのを待つ。
鍋にブラックベリーと砂糖を入れ、しばし放置。砂糖となじむのを待つ。

ブラックベリーが煮詰まってくると、種と芯?が目立ち始めます。このまま食べる方もいるようですが、舌触りが気になるので取り除きます。
網ですくい、スプーンやシリコンヘラで濾します。これが一番たいへんです。

煮込んだブラックベリーの種を取り除く。
煮込んだブラックベリーの種を取り除く。

トロッとするまで、煮込みます。弱火~中火くらいです。
現場は凄惨な状況となっております。
撹拌した時に、スジが残る程度が良さそうです。

ブラックベリーをさらに煮詰める。
ブラックベリーをさらに煮詰める。

ブラックベリー600gで、ジャムは大瓶1/3くらいできるようです。
ビンはあらかじめ煮沸消毒しておく必要があります。
冷蔵庫保存で1~2か月程度持ちそうです。

パンに塗って食べるのが定番だと思いますが、夏ですし、炭酸水を加えて「ブラックベリー・サイダー」なんて良いかもしれません。
あ、ジンとトニックウォーター、ブラックベリージャムでカクテルも良いかも!

完成した自家製ブラックベリージャム
完成した自家製ブラックベリージャム