春の夜に突然作りたくなるアップルパイ(マック風)



Pocket

ある日の夜、ぼんやりと過ごしながら目の前のリンゴを眺めていました。ふと、アップルパイ、しかもマックタイプが作りたくなりました。寝る前にアップルパイを作ることにしました。

アップルパイの秘伝レシピ

マック風のアップルパイのレシピといっても、たぶん適当に作ればよいと思います。生地とリンゴシロップさえあれば良さそうです。

  • 生地用:小麦粉…120gくらい
  • 生地用:砂糖…5gくらい
  • 生地用:塩…3gくらい
  • 生地用:牛乳…75gくらい(生地のべたつきを確認しながら調整してください)
  • リンゴシロップ用:リンゴ…1玉
  • リンゴシロップ用:バター…10gくらい
  • リンゴシロップ用:水…100gくらい
  • リンゴシロップ用:砂糖…20gくらい
  • リンゴシロップ用:ハチミツ…10gくらい
  • リンゴシロップ用:シナモンパウダー…少々
  • リンゴシロップ用:水溶き片栗粉…10gくらい

さっそく作ろうぞ

まずは生地を作ります。生地用の材料を全部ボールに入れてよくこねます。牛乳は75gとしていますが、生地がべちゃべちゃになりすぎないように量を調整してください。

アップルパイの材料。
アップルパイの材料。

まずはさっくりとこねます。牛乳の量は調整しつつ、生地が耳たぶ程度の柔らかさになるように。

牛乳の量は調整してください。
牛乳の量は調整してください。

ある程度生地がまとまったら、手でこねていきます。
横に伸ばして、折りたたんで、また伸ばしてを何度か繰り返します。
呪文を唱えてください。「美味しくな~れ」です。

生地をこねます、こねます。
生地をこねます、こねます。
良くこねるほどに、美味しい生地になるはず。
良くこねるほどに、美味しい生地になるはず。

生地をこねて左右に長くなったら、それを折りたたんでから90度向きを変え、さらに伸ばしていきます。

伸びたら、左右を折りたたんで、再び伸ばす。
伸びたら、左右を折りたたんで、再び伸ばす。

軽くまとめたら、とりあえずその辺に置いておきましょう。
特に発酵しませんが、パン作り的にいうと、一次発酵みたいな感じです。
しばらく寝かせておきましょう。

ある程度まとまったら、一次発酵。
ある程度まとまったら、一次発酵。

リンゴシロップを作るよ

そうこうしているうちに、リンゴシロップを作ろうと思います。

今回は、3/4を1センチ角切り、残りをすりおろしました。
水溶き片栗粉以外の材料をフライパンに投入し、煮詰めます。

リンゴシロップ作りに突入。
リンゴシロップ作りに突入。
煮詰める、煮詰める。
煮詰める、煮詰める。

このまましばらく煮詰めてジャムにするのも良いのですが、時間がないので水溶き片栗粉でとろみを確保しましょう。

水分が2/3程度になったら、水溶き片栗粉を投入しとろみをつける。
水分が2/3程度になったら、水溶き片栗粉を投入しとろみをつける。

生地とリンゴシロップの出逢い

先ほどまで寝かせておいた生地を適当に4分割し、再び丸めこねます。

生地を4分割に。
生地を4分割に。

生地を延ばします。延ばし棒をテクニカルに操作します。

アップルパイの生地を延ばす。
アップルパイの生地を延ばす。

生地が適当に延びたところで、アップルシロップを乗せます。
ゴロゴロ素材感が素敵です。
生地とアップルが喜んでおります。

延ばした生地にアップルシロップを乗せます。
延ばした生地にアップルシロップを乗せます。

生地をうまいこと折りたたみます。
マックのアップルパイは揚げていますが、カロリー的な視点から、オーブンで焼くことにします。
※本当は、揚げ油が切れていた。

生地を折りたたむ。
生地を折りたたむ。

さて、どの程度焼くかという問題ですが、余熱200度で20分で十分でした。

余熱200度で20分焼く。
余熱200度で20分焼く。

はい、焼き上がり。

命名:「ゴロゴロ角切りリンゴの自家製アップルパイ ヘルシーオーブン焼き」

焼きだけあって、生地はやや硬めです。
表面にオリーブオイルを塗っておきました。

自家製アップルパイ、マック風の完成。
自家製アップルパイ、マック風の完成。

リンゴやキウイなどのアレルギー持ちのため、普段は生果物が食べられないのですが、鮮度が落ちたものは大丈夫です。
久しぶりにリンゴアイテムを食べました。美味しいです。