静岡 世界お茶まつり2019 World O-CHA(Tea) Festival 2019



Pocket

複合文化施設である「グランシップ」において、お茶関連商品や最新情報を発信する「産業」、格調高いお茶の魅力を伝える「文化」、国際的な成果を披露する「学術」の各プログラムを集約的に開催します。

近年のお茶を巡る情勢は、国内では生活様式の多様化などにより、1世帯あたりの年間緑茶購入量は減少傾向にありますが、世界的には健康志向の高まりにより、緑茶の持つ機能性や効用が注目され、需要は増加しています。

また、お茶は単なる嗜好飲料ではなく、心を癒し、コミュニケーションを円滑にするツールとして親しまれていることから、おもてなしの心を持って、お茶を通した交流を図ることは、相互の文化の理解を進める上で大変重要です。

6回目となった「世界お茶まつり2016」では、春・秋2回の開催し、歴代最多となる32の国と地域から15万人以上に御参加いただきました。春の祭典は、新茶香る季節の開催として、高い評価をいただきました。秋の祭典については、茶の機能性・効用についての最新情報をはじめ、多くの有益な情報を発信しました。「世界お茶まつり」は回を重ねるごとに盛り上がりと広がりが見られ、お茶を通じた国内外の交流が一層進んでいます。

そこで、わが国のお茶の産業、文化、学術の中心として「“茶の都”しずおか」づくりに取り組んでいる本県において、魅力ある茶文化の提案と発信、お茶の新たな可能性の発掘と挑戦、さらには世界に向けた日本茶の需要拡大に繋げることを目的に、2019年に7回目となる「世界お茶まつり」を開催します。

公式サイト