ガラス工房アルコスで宇宙ガラスづくり



Pocket

先日、「里のMUJI みんなみの里」のほど近い、南房総あたりをウロウロしてきましたが、すぐ近くに「ガラス工房アルコス」というガラスづくりの体験ができる工房へ行きました。

宇宙ガラスとは

少し前のことですが、宇宙ガラスというものが流行りました。宇宙ガラスとは、ビー玉サイズのガラスの中に、銀河系がすっぽりと入ったようなトンボ玉で、映画「メン・イン・ブラック」の最後のシーンで宇宙人が拾い上げた玉のようなものです。

ガラス工房アルコスでは宇宙ガラスのペンダントを作ることができる。
ガラス工房アルコスでは宇宙ガラスのペンダントを作ることができる。

そんな宇宙ガラスをプロの指導のもと、まったくの初心者が作れてしまうのが、この工房の特徴です。

ガラス工房アルコスは海外ご出身(聞いたけど忘れた)のソウザ・ムリロさんがセルフビルドで作り上げた工房です。その外観は、海外の田舎の隠れ家のようです。

ガラス工房アルコスはオーナーの手作り工房でガラスづくりの体験ができる。
ガラス工房アルコスはオーナーの手作り工房でガラスづくりの体験ができる。
ガラス工房アルコスの庭には、オーナーさんのガラス作品が展示されている。
ガラス工房アルコスの庭には、オーナーさんのガラス作品が展示されている。
自然豊かな庭のブランコベンチにカエル。
自然豊かな庭のブランコベンチにカエル。

アルコスで作られる作品

アルコスで作る作品は、バーナーワークで作る作品が多いようで、その素材として耐熱ガラスが使われています。

耐熱ガラスとは、ボロシリケイトガラスのことで、1200度以上の非常に高い温度で溶かしながら、さまざまな形を作り出していきます。ボロシリケイトガラスは、一般のガラスに比べて熱や衝撃に強く、薬品にも変質しにくいという特徴があるため、理化学のビーカー、フラスコ、また食器の材料としても広く使用されているそうです。透明度の高いクリアーのガラスをメインに、ブルーやブラックなどで背面を作り、中に他の色や素材を入れ込んでいきます。

ガラス工房アルコスの作品
ガラス工房アルコスの作品
ガラス工房アルコスの宇宙ガラス
ガラス工房アルコスの宇宙ガラス

そんなわけで、作ったのが↓これです。
しずく型のガラスの中に、銀河が広がっています。

酸素バーナーを使いながら、一時間程度で作ることができ、料金の3,000円ちょっとくらいです。

ガラス工房アルコスで作った宇宙ガラスペンダント
ガラス工房アルコスで作った宇宙ガラスペンダント

※宇宙ガラスが商標登録されており、 クリエイターによる利用に限って「宇宙ガラス」の商標利用を許諾しているそうです。特許庁で検索したところ、確かに登録されているのですが、「標準文字商標」ではありませんでした。名称の独占的使用権ではなく、ロゴの権利ですので、登録されているロゴを使用する際は、商標利用の許諾をお願いする、ということになるのでは・・・と、思った次第です。

ガラス工房アルコス

ガラスづくりの体験は予約をした方が良いです。休日に行きましたが、小さな工房でありながらも、次々と予約者が来るくらい人気のある工房です。

駐車場は5台分くらいありそうでした。駐車場までの道のりは、細い急な坂道を上る必要があり、思いのほか遠く感じました。

野生のキジのつがいがウロウロしている環境です。

  • 〒296-0123 千葉県鴨川市北風原753-6
  • TEL:04-7097-1782