しっとりフワフワのカステラレシピ



Pocket

最近、カステラのことを考えることが多かったので、とりあえず保存料などを作らないプレーンなカステラを作ろうと思います。

カステラづくりの材料

カステラは、パンやパウンドケーキのように、膨らませるためにイーストやベーキングパウダーを使いません。卵だけでふっくらと膨らませます。そのため、卵の泡立てが重要な工程となります。

カステラの材料

  • (A)三温糖…80g
  • (A)卵…2個
  • (A)塩…ひとつまみ
  • (B)はちみつ…大さじ2
  • (B)みりん…大さじ2
  • (B)グレープシードオイル…大さじ1
  • (C)強力粉…55g

カステラつくりの手順

まずは(A)の材料を金属製ボールに入れ、さらに一回り大きなボールに少量のお湯を入れ(湯せん)た中で、人肌程度に温まるように泡立て器で泡立てます。

カステラの材料のうち、卵、砂糖、塩を泡立てます。
カステラの材料のうち、卵、砂糖、塩を泡立てます。
卵の泡立てには泡立て器(マシーン)を使うと短時間にできます。
卵の泡立てには泡立て器(マシーン)を使うと短時間にできます。

卵、砂糖がある程度泡立ったら、(B)の材料を加え、さらにひと泡立たせさせた後、(C)強力粉を加えて、仕上げの泡立てです。

しっかり混ぜましょう。

卵、砂糖がしっかり泡立ったら、はちみつ、みりん、グレープシードオイルを加えて泡立てます。その後、強力を加え、さらに泡立てます。
卵、砂糖がしっかり泡立ったら、はちみつ、みりん、グレープシードオイルを加えて泡立てます。その後、強力を加え、さらに泡立てます。
卵、砂糖がある程度泡立ったら、(B)の材料を加え、さらにひと泡立たせさせます。
卵、砂糖がある程度泡立ったら、(B)の材料を加え、さらにひと泡立たせさせます。
生地の準備が出来たら、焼き型にクッキングシートを敷いて、生地を流し込みます。
生地の準備が出来たら、焼き型にクッキングシートを敷いて、生地を流し込みます。

焼き方は、オーブンで余熱180度で20分焼き、その後150度に温度を下げて15分程度焼きます。
オーブンのトレーには水を入れておくと、しっとりと焼きあがります。

焼きあがったら、ラップに包んで明日まで保存。
一晩寝かせると、しっとり水分感が全体を包み込み、一層美味しく食べられます。

完成した特製カステラ
完成した特製カステラ

 

美味しさの秘密は「はちみつ」にあり!

今回のカステラづくりにははちみつの専門店「ラベイユ」で取り扱っている「ハンガリー シルクグラス SELYEMFU」というはちみつをつかいます。このはちみつは、「ハンガリー政府により「これぞハンガリー」と認められているはちみつ。さわやかでハーブのような香りとフルーティな味わいが口いっぱいに広がります。」とある通り、スッキリとした味わいと香りが特徴です。

ラベイユで入手したハンガリー シルクグラス SELYEMFUを使ってカステラを作ります。
ラベイユで入手したハンガリー シルクグラス SELYEMFUを使ってカステラを作ります。

そのほか、今回使用した材料の特徴は以下の通りです。

富澤商店の強力粉「はるゆたか」

富澤商店」で取り扱っている「はるゆたか」は、北海道産小麦特有のもちもち感、しっとり感と小麦の味が特徴です。どうも「幻の小麦粉」とも言われているようで、農家泣かせのデリケートな性質のために生産量が比較的少なく、プレミア感を持つ小麦粉だそうです。

深い味わいの三温糖

砂糖は「三温糖」を使いました。三温糖はカラメル風味の深い甘みが特徴で、濃厚な味に仕上がります。

伝説の調理ツール ブラウン社製「マルチクイック MQ5045 ハンドブレンダー」!

卵の泡立てで大活躍するのが、ブラウン社の「マルチクイック MQ5045 ハンドブレンダー」です。ハンドブレンダーとは、ブレンダー、ビッグチョッパー、泡立て器を集約し、「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「砕く」「泡立てる」をアタッチメントの交換だけで、簡単に使いこなせる最強の便利グッズです。

ブラウン社製マルチクイック MQ5045 ハンドブレンダーはブレンダー、ビッグチョッパー、泡立て器を集約。「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「砕く」「泡立てる」を簡単に使いこなせるので、ひと手間かけたお料理が手軽に楽しめます。
ブラウン社製マルチクイック MQ5045 ハンドブレンダーはブレンダー、ビッグチョッパー、泡立て器を集約。「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「砕く」「泡立てる」を簡単に使いこなせるので、ひと手間かけたお料理が手軽に楽しめます。

強力で静かなモーターでスピードは21段階で調整できるうえ、ターボボタンまでついています。
アタッチメントはワンプッシュボタンで外すことができ、カッター、泡立て、スライサーでみじん切りからペースト状までさまざなに加工することができるので、料理の幅が広がります。